「何かをやりたい」という想いがあれば、形にする自由と裁量がある

Human Capital Consulting 部門 シニアマネジャー

「何かをやりたい」という想いがあれば、形にする自由と裁量がある Human Capital Consulting 部門 シニアマネジャー

入社してからの仕事は?

企業が持続成長するためのトランスフォーメーションを支援し続けています。プロジェクトテーマは多岐に亘りますが、主なものは、ビジョン策定、中計戦略立案と展開、事業開発、組織・プロセス改革、経営人材・イノベーション人材開発です。
2004年入社ですから社歴が長い分、ICMGのサービスである知的資本評価の経験を世界で最も多く持つのは私であると自負しています。
インデプスインタビューで繰り返し行う、“引き出す→統合する→本質にリーチする→引き出す”という手法は、ビジョン策定、中計戦略の立案、新規事業開発での伴走、人材開発コーチング等、至る場面で活用しています。

ICMGでの仕事のやりがいとは?

ダイナミックな変化を創る仕事、社会的にインパクトのある仕事ができることです。
コンサルタントにとって、一つの専門性を持つことはとても重要なことですが、それだけでは十分ではないということを日々痛感しています。
ICMGのコンサルタントは、全体俯瞰と個別フォーカスの両方の目と腕が求められます。困難な課題をクライアントとともに実践・解決した結果、クライアントと一緒に喜べることにやりがいを感じています。

「何かをやりたい」という想いがあれば、形にする自由と裁量がある Human Capital Consulting 部門 シニアマネジャー

ICMGの社風とは?

私は2004年に入社した社歴が長いひとりですが、確実にいえることは、「何かをやりたい」という想いがあれば、形にする自由と裁量があるということです。
社内にあるたくさんの機会を、自ら選択、実践し、自分自身の経験としてフィードバックできる。それを推奨する経営陣の支えもあります。
「やりたい何か」は入社してからでも十分に見つけられます。そのための知識の習得やオーナーシップの持ち方をトレーニングしてくれる仕組みもあり、意欲の高い方にとってはとても魅力的な会社だと思います。

ICMGに興味をもつ方にひとこと

社風ともつながりますが、ICMGではクライアントプロジェクトだけでなく、サービス開発にも積極的に携わることができます。自身が開発したサービスが日本だけでなく、シンガポールや中国等の海外で展開され、その独自性をクライアントから評価される。このような醍醐味は通常では味わうことができません。
企業の持続的な成長を事業、組織、人材を有機的に一気通貫で支援する。このようなダイナミックで社会にインパクトを与える仕事に挑戦してくれる方が増えると嬉しいですね。