HRプロフェッショナルの実践英語コース -21年度導入に向けた短期トライアル・コースのご案内-

ビジネスのグローバル化が進展する今日、グローバルで活躍できる人材を確保・育成・適正配置していくために、人事部門においても英語を駆使してグローバルHR業務を実践、リードしていくことが必須の課題です
 

◆よく見られる問題

「人事部門のグローバル化が遅れており、グローバルHRの実践が加速できない」

  • 海外人事は現地に任せきり
    海外拠点での人事はライン部門や現地に任せきりとなりがちで、一体となったグローバル人材マネジメントができていない
  • グローバル人事戦略不徹底
    戦略レベルの議論・共有・協働・実践ができておらずマルチ・ローカルマネジメントの域から脱しきれない
  • 事務レベルの連携に留まる
    英語のできる人材を人事にも投入したが、異動に伴う事務の連携などに留まっており、グローバル・タレントマネジメントには遠い

➤ グローバルHRの知的資本(IC)の強化・バージョン・アップが必須
 

◆本トレーニングのコンセプト

海外現地のマネジメントやローカルHR部門などと人事戦略や人材マネジメント・ポリシーなどを共有し、グローバルタレントの効果的な育成や、最適配置などを実現していくためには、一定レベルのHRマネジメントにあたる者がローカルのマネジメント層やHRダイレクターなどと直接コミュニケーションすることが必須です。
 
このためには基礎となる「ビジネス英語力」に加え、HR現場で使われている固有の表現・語彙力や、相手国のHRの方法論、さらには労働価値観や思考スタイル、カルチャー、即ち各国の人材マネジメントの裏にある隠れた知的資本(IC)を理解した上で、多様な海外人材を巻き込みながら人事戦略を共有・実行していく「グローバルHR実践力」を併せ持つことが必要です。
 

◆短期特別トライアル・コース 概要

2021年度からの本格導入をご検討いただくため、下記の短期トライアル・コースを開講します。

日程
2021年2月1日~2月末の4週間
※お申込み締め切り:2021年1月22日(金)

対象
・人事部門においてグループリーダークラス(30歳前後目安)
・若手課長、課長前クラス(30代後半目安)
・TOEIC目安:700点台の方中心(ご相談ください)
※それぞれ別クラスとして設定

参加費
4万円(税抜)/お一人様4週間
※別途3千円程度の教材をご購入いただきます。

特典
期間中、グローバル人事に関する個別相談/コーチングを1回受講可(1時間)

申込
本サービスの募集は終了いたしました。

備考
※上記コースは、原則、他社同レベル受講者との混合グループによる、いわゆる他流試合方式となります。
※自社のニーズに合わせ、内容のカスタマイズを含め、自社メンバーのみでの実施をご希望の場合は、参加者4名以上から個社別コースも提供します。但し内容の大幅な変更が必要な場合は、費用について別途ご相談させていただきます。

プログラムの詳細はこちらの資料をご参考ください
「短期特別トライアルコース・パンフレット」
 

◆オンライン説明会

以下の日程で本コースおよび短期トライアル・コースのオンライン説明会を開催します。ご関心をお持ちの方は下記いずれかの説明会にお申込みのうえ、ご参照ください。
※同業の方のご参加はお断りさせていただく場合があります
 
<日程>

  • 2020年12月16日 17:00-18:00
  • 2020年12月23日 13:00-14:00
  • 2021年01月13日 17:00-18:00

 


本サービスに関するお申込み/問い合わせ先
株式会社ICMG オンライン実践ビジネス英語トレーニング事務局
担当:木村・若林 icm_info@icmg.co.jp