「SINGAPORE WEEK OF INNOVATION & TECHNOLOGY(SWITCH)」 2021 開催レポート

SINGAPORE WEEK OF INNOVATION&TECHNOLOGY(SWITCH)

2021 開催レポート

~グローバル・イノベーション最前線を体験する

シンガポールの大規模サミット~

SWITCHとは


Enterprise Singapore(シンガポール企業庁)が主催する、「世界中から最前線のイノベーションケースを集めるシンガポールの官民プラットフォーム」として毎年開催されているイベントです。Covid-19を受け、今年も昨年に続きデジタル上で5日間(11月8日~12日)開催となりました。世界中から160を超える企業・団体が集まりました。

主なプログラムとして、各インダストリーにおける最新トレンドがウェビナー形式で議論される「SWITCH Beyond」、世界中の各マーケットのトレンドが議論される「SWITCH Global」、そして計約8000万円の賞金が懸かったスタートアップピッチイベント「SWITCH Slingshot」が同時並行的に開催されました。

(左)「SWITCH Beyond」のLiveウェビナーにて、 スピーカーがディープテックについて意見を交わす様子
(右)「SWITCH Slingshot」の オープニングセレモニーの様子

 

イベントのウェブサイトは、シンガポールをデジタル上に再現した去年と変わり、イノベーションに特化したソーシャルメディアのような形で展開されました。参加者同士やスピーカーとリアルタイムで交流できるネットワーキングルームが設置され、世界中でイノベーションに携わる方々とつながることもできる貴重な場となりました。

(左)最前線で活躍する世界中のイノベーターが集結
(右)トピックごとにバーチャルのネットワーキングルームを設置

 

※SWITCHについて詳しくはこちらをご参照ください(http://www.switchsg.org/


SWITCH 2021 総括レポート

本セクションでは、ICMGの視点から捉えた

SWITCH2021のハイライトをシェアします


Opening Address – イノベーション国家シンガポールの副総理が出したメッセージ

 シンガポールのAI戦略の強化をアピールし、イノベーションにおけるAIの重要性を強調

オープニングスピーチをする副総理

■シンガポール副総理Heng Swee Keatが今年も昨年と同様、SWITCHのキーノートを務めました。スピーチでは、副総理Heng AIをイノベーションの中心と明確に位置づけ、シンガポールにおける新しいAIプログラムを開始するという宣言を行いました。具体的には、現在コミットしている5億シンガポールドル(~400億円)に加え、新たに1.8億シンガポールドル(~150億円)をAIの研究に投下し、金融セクターと公共セクターにおける2つのAIプログラムを新たに開始するとしました。

SWITCH Beyond – 次世代の企業に求められるもの

 企業に気候変動への対策が求められている今、大企業による水素エコシステム構築が喫緊の課題

水素の未来について議論する専門家達

■エネルギー関連のセッションでは共通して、「エネルギー源の脱炭素化は、全ての企業が積極的に進めなければならない」とのメッセージが出されました。そして、化石燃料を代替するエネルギー源の中でも、グリーン水素の可能性に注目が集まりました。

➢“Microgrids, Hydrogen, and the Future of Electric: Power Delivery”セッションにおける専門家の議論では、現在のグリーン水素の生産・供給インフラは主要なエネルギー供給源となるにはほど遠い状況であるという認識が共有されました。

➢そして、今後水素エコシステム構築において鍵となるプレーヤーはスタートアップではなく、インフラを作り上げていくことのできる大企業であるとの意見があがりました。

 各企業においてサーキュラーエコノミーへの取り組みを実施していくことが持続可能な世界実現への鍵

サーキュラーエコノミーへの取り組みの必要性を説くWEFのGawel氏

■「持続可能な世界の実現が大きなテーマとなっている今、次世代の企業に求められるものは何か」という観点からも議論が行われました。

➢世界経済フォーラム等が参加したセッション”The Circular Economy Marketplace”では、これからの企業に求められるのは、持続可能でサーキュラー(循環する)ビジネスモデルだという認識が共有されました。

➢世界経済フォーラムは循環型のテクノロジーやソリューションへの投資が緊急に必要であると企業に呼びかけを行いました。

➢また、持続可能でサーキュラーなビジネスモデルの構築には、必ずサプライチェーン関連企業等複数の企業間でのコラボレーションも必要になってくるとの認識が共有されました。

SWITCH Slingshot2021 – ピッチイベントのハイライト

 最優秀に選ばれたのは、 Quantumcyという様々な病気の診断をAIによって最適化するソリューション

最優秀に選ばれた、 Quantumcy

■今年で5回目を迎えるEnterprise Singapore主催のグローバルスタートアップピッチングコンペティション”Slingshot”が今年も開催されました。

➢今年は「最前線のデジタルテクノロジー」、「ヘルス&ウェルネス」、「スマートシティ」、「サステナビリティ」という、4セクターでスタートアップの募集が行われました。

■厳選された100社のスタートアップが本期間中にピッチを行い、激戦の末、最優秀賞にはQuantumcyが選ばれました。同スタートアップは生体組織検査の結果が決定的でないことが多いという課題に対し、AIを活用することにより、診断の精度を格段に上げるという、高齢化社会に突入するシンガポールが求めるソリューションを開発しています。

 


本件に関するお問い合わせ

ICMG Singapore  安藤

Mail:momoka@icmg.com.sg