キャリア

キャリア

ICMGのキャリアの考え方

ICMGのプロフェッショナルは、コンサルタントであり、ビジネス・アクセラレーターであり、インテリム・マネジャーであることを求められるため、多面的な価値を提供するプロフェッショナルとしてキャリア形成を追求しています。

そのためにICMGは、学習型・体験型の研修プログラム、リーダーシップコーチングやプログラム、独自のパフォーマンス評価ツール、プロジェクトスキームの組織資産化、例えばクライアントプロジェクトで自身が関わったビジネスの立ち上げを継続することを目的とした出向制度等、真のプロフェッショナルとしての成長を支えてまいります。




キャリアパス

コンサルタントはプロフェッショナルとして高いスキルや教養、リーダーシップマインドが求められるとともに、残した結果や成果に応じて、段階的に幅広い役割を担い経験を積みます。

またプロフェッショナルとしての強みや伸ばしたいスキルを特定の専門領域に絞ることも、幅広くすることも、また新らたな在り方を開発することもでき、キャリアの選択肢を限定しません。

キャリアパス

研修プログラム

ICMGの研修プログラムは、学習型(スキルや教養の「智」)と体験型(リーダーシップの「軸」)の2つに大別されます。
新人コンサルタントは、入社後の一定期間で、ビジネスマンとしての基本動作、ICMGの独自の経営手法論、コンサルタントとしてのベーシックスキルを「智」として、自身のリーダーシップを問う体験型リーダーシップ研修(Leadership Journey)を「軸」として、それぞれを体系的に習得します。
またICMGの社員は全員が、パーソナルコーチング、リーダーシッププログラムへの参加を通じて、リーダーシップ人材としての「軸」を磨きます。

  ICMGは研修プログラム以外にも、パフォーマンス×リーダーシップバリューを評価軸にした人事評価制度やキャリア形成のための補助、貢献度の高い社員の表彰等、社員がすべてのステークホルダーの“期待を超える存在”であるための継続的な育成を支援しています。

新人研修

基本 ビジネスマナー研修
知的資本経営論

コンサルタントのベーシックスキル
コンプライアンス
プロブレム・ソルビング(基礎・応用・ケーススタディ)
ビジネスコミュニケーション(基礎・応用・ケーススタディ)
ワークスキル(ビジネスライティング基礎・ケーススタディ)
ビジネス思考(“儲け”のつくり方基礎・応用・ケース)
組織・人材マネジメント(基礎・応用・ケース)
マーケティング・イノベーション(基礎・ケーススタディ)
アカウンティング(商業簿記3級資格レベル)
Mission Statement(ICMG経営理念理解)
Leadership Journey
Leadership 宣言

共通の研修・制度

キャリア形成促進プログラム制度
社員表彰制度
パフォーマンス×リーダーシップバリュー(ICMG Value)を評価軸とした人事評価制度
選抜社員のリーダーシッププログラムへの参加(ICMG IC賞授与)
海外拠点への短期研修
知的資本経営論(Intellectual Capital Management)の履修
グローバルリーダーシップ人材のためのパーソナルコーチング
リーダーシッププログラムの実践(全社員研修/国内・海外)
チームビルディングプログラム