2021年度 あいちスマートサスティナブルシティチャレンジ

2021年度
あいちスマートサスティナブルシティチャレンジ
全体概要および各チャレンジの紹介

– Aichi Smart Sustainable City Co-Creation Challenge 2021 –

【概要】

「Aichi Smart Sustainable Co-Creation Challenge」は愛知県が、市民と世界の持続可能な未来をリードする為のオープンイノベーションチャレンジです。愛知県が「Smart Sustainable City」をリードする為の3つのチャレンジについて新たな「知」を共創するパートナーを世界から募り共創事業を立ち上げます。

【背景】

愛知県は42年連続で製造品出荷額等の日本一を誇り自動車、航空宇宙、ロボット産業を中心に世界の「モノづくり」をリードし続けています。しかし、CASE(*1)やVUCA(*2)といった外部環境の変化により、変革を余儀なくされています。そのような中、愛知県は2018年10月に「Aichi-Startup戦略」を策定しスタートアップ企業を起爆剤としたイノベーション誘発の土壌創りを推進しています。

そして、その中の一つの位置づけとして、「Aichi Smart Sustainable Co-Creation Challenge」は生まれました。

*1:Connected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared & Services(カーシェアリングとサービス)、Electric(電気自動車)
*2:Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)。将来の予測が困難な状況

【目的】

Aichi-Startup戦略の元、世界でも先進的なスタートアップ支援の実績を持つシンガポール国立大学(NUS)と連携し、NUSのノウハウを愛知県に取り込むと共に、ノウハウを活用した県内のスタートアップ支援等を実施することで、愛知県におけるスタートアップ・エコシステムの形成・充実を目指します。

※愛知県は、シンガポール国立大学(NUS)と、2018年8月に「科学技術分野における連携協力に関する覚書」を締結しました。さらに、この覚書をベースとした「スタートアップ支援分野における連携協力に関する覚書」を 2019年9月に締結しました。

【チャレンジテーマ】
  • Challenge 1:
    「デジタルトランスフォーメーションによる愛知県の産業発展」
    ~自律モバイルロボット”AiR”の活用を起点とした社会課題の解決~
    豊田自動織機
  • Challenge 2:
    「多様なプレーヤーによる、人口減少社会における持続可能な自治体政策モデルの共創」
    ~人口減少社会における、持続可能な自治体運営モデルの共創~
    半田市 
  • Challenge 3:
    「すべての人が生涯輝き、活躍できる「Wellウェルbeingビーイングな地域づくり」」
    ~ヤングケアラーの発見・支援をITで最適化し、愛知県民のWell being向上を実現~
    日本特殊陶業 
【プロセス】

・本年度も、各参加企業様へのインタビューを通して、愛知県の発展と参加企業様の抱える課題を抽出し、チャレンジテーマを設定しております。

・各チャレンジテーマを達成するべく、今年はスタートアップ67社の応募の中から、9社を採択させて頂き共創事業創出にチャレンジします。

・現在、3月のDemoDay(最終発表)に向けて、事業案を創り出すだけではなく、その先の社会実装を見据えて、各社とステークホルダーの巻き込みを含め、事業案およびPoC計画をまとめております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

DemoDay参加申し込みフォーム

 

今年度のDemoDayは愛知県庁が主催する複数のプログラム合同のDemoDayになります。

本記事に記載のプログラムの発表時間は以下の通りです。

【開催概要】

・日程:2022年3月17日(木)~18日(金)

・時間:3月17 日(木) 15:15-17:15の回

https://eiicon.net/about/aichi-innovationdays2022/

・会場:オンライン/オフライン

・参加費:無料

・参加申し込みフォーム:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScal_QKOydASUm7zFbelq-2Mp6_lpfrfk0PtHagGbqKibJDOw/viewform

 

ぜひご参加をお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ICMGは、本プログラム全体の設計及び、各案件の共創事業の案創出のファシリテーション及び、共創事業創出アドバイザーとして事業化検討から社会実装までを一貫してサポートさせて頂いております。

 

株式会社ICMG

ICMGは「世界にとって本質的に意義のあるイノベーションを創り出す」という使命感を持つ、イノベーションコクリエーター。日本、シンガポール、インド、シリコンバレー、スウェーデン等を軸としてグローバルイノベーションエコシステムを形成し、多様なステークホルダー(コーポレート、スタートアップ、アクセラレーター、政府・地方自治体、大学・研究機関、学生・市民等)との共創型イノベーションをリードすることを通じて、地球規模の課題解決、そして、持続可能な未来の創造を目指しています。


本件に関するお問い合わせ
ICMG 広報担当:03-6812-2548 / Mail: icm_info@icmg.co.jp

Please follow and like us!:
Tags:
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial