大田区民に向けた親子参加型イベント「ロボットエンジニアになろう!」を共同開催

2023.07.25

大田区民に向けた親子参加型イベント「ロボットエンジニアになろう!」を共同開催

7月22日(土)・23日(日)の2日間、東京・羽田の「HANEDA INNOVATION CITY」において、大田区の小学生と保護者向けに「親子で学べる夏休みイベント」として企画された「川崎重工×きらぼし銀行presents ロボットエンジニアになろう!」を開催。事前に募集した大田区内の小学3~6年生及びその保護者、約70名が参加しました。

この企画は、ICMG、川崎重工、きらぼし銀行の3社が「羽田共創プロジェクト」※1の一環として企画し、STEAM教育を行う独自教科「おおたの未来づくり」の新設に取り組んでいる大田区教育委員会の後援によって実現しました。

川崎重工業は、小学生がロボットの仕事や仕組みを学んだ後に、産業用ロボット(小型汎用ロボットRS003N)を操作して課題に挑戦できる子供向けプログラムを提供しました。

産業用ロボットの仕組みや操作を学ぶ子どもたち

産業用ロボットの仕組みや操作を学ぶ子どもたち

きらぼし銀行は、参加した保護者向けに、子供の進学にかかる教育費用や“人生100年時代”に必要な備えについて学ぶ「金融教育プログラム」を提供しました。

金融講座に参加する保護者

金融講座に参加する保護者

ICMGは、今後も同プロジェクトの活動を通し、「スマートエアポートシティ」、「カーボンニュートラル」、「地方創生」等、社会課題解決や変革をテーマに、大企業、中小企業、スタートアップ企業、行政、自治体等と共創します。そして、首都圏の空の玄関口である羽田エリアから世界に向けて、社会変革イノベーションの創造に邁進していきます。

 

——————————————————————————————————————————-

【株式会社ICMGについて】

ICMGグループパーパス「世界中の意志ある仲間と未来を共創する」。

未来基点の知的資本型社会を実現するために、意志ある人材を突き動かし「Willpowerの森」を形成し、豊かで無限の可能性をブレークスルーする未来共創エディター・リーダーとなることを存在意義としています。

「人的資本からの価値創造」に拘る知的資本経営を推進し、「全ての価値は人から生み出される」を企業経営の根幹として事業を行っています。また、企業の価値創造や持続成長のためには、社会共通善の観点から何ができるのかという「社会価値の共創」の流れも重要視しています。弊社グループ自らが社会実装する会社として事業展開することで、その実践智を共創プロジェクトの推進や日本、及びアジアのスタートアップへの投資に活かし、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

【ICMGグループについて】

ICMGグループは、創業以来20年以上に渡って、日本・シンガポール・インド・シリコンバレー等をベースに、日本大企業のトップマネジメントへのコンサルティングサービスを提供しています。また、日本大企業の役員へのリーダーシップ育成プログラムも実施しており、日本大企業のリーダークラスとの広範なネットワークを保有しています。直近では、東京電力・中部電力と共に、東南アジアの再生可能エネルギーへの投資や、国連UNDPとのSDGsイノベーションに関するパートナーシップ、ベンチャーキャピタルでのSequoiaやGoogle等のグローバルトップVCとの共同投資等、国内外のトッププレーヤーと連携し、プロジェクトを推進しております。

——————————————————————————————————————————-

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ICMG 広報担当
電話番号:03-6812-2548