山梨県、“目標達成のためのチーム作りプログラム”の業務受託

2024.01.11

山梨県、“目標達成のためのチーム作りプログラム”の業務受託

株式会社ICMG(所在:東京都千代田区、代表取締役社長:船橋仁、以下「ICMG」)は、山梨県知事政策局富士山登山鉄道推進グループの「目標達成のためのチーム作り」の業務を受託しましたので、お知らせいたします。

ICMGグループは「世界中の意志ある仲間と未来を共創する」をパーパスとし、3つのパーパスアジェンダを掲げています(GX、DX、SX)。その一つ、「Social Transformation(SX) 新たな社会エコシステムの構築」の取組みとして、ICMGグループの提供価値である「社会価値の共創」、「人的資本からの価値創造」の実践智を活かし、本受託業務を推進していきます。

——————————————————————————————————————————-

【「目標達成のためのチーム作りプログラム実施業務委託仕様書」より】

◆委託業務名:目標達成のためのチーム作りプログラム実施業務

◆委託期間:2023年11月~2024年3月末

◆事業の目的:

刻々と変化しつづける今日の社会環境において、変化に迅速に対応して成果をあげるには共通目標に向かって協調して取り組む「チーム」を創りあげる必要がある。

特に、富士山登山鉄道構想の推進業務では、各分野の専門家のみならず、地元住民や関連事業者など多種多様なステークホルダーの利害を調整し、事業の推進に巻き込むことが求められる。

そこで、富士山登山鉄道推進グループの担当職員に対して、職員各自が共通の目標に向かって自律的に動き、高いパフォーマンスを発揮しやすいチームとなるためのプログラムを実施する。

◆委託内容(仕様書より一部抜粋):

⑴公募実施支援

本年度実施するチームメンバーの募集にあたり、求められる人物像の描き方など、意欲ある職員が集まるための工夫についてのアドバイス

⑵職員育成支援(チーム力強化)

①グランドデザインの描き出し支援

各チームメンバーが共通の目標に向かって自律的に動く集団となるために、チームとして、事業目的とそれを実現するためのロードマップを描くことの支援

②ステークホルダーダイアローグの支援

ステークホルダーとの意見交換会におけるファシリテーションなど、事業に将来的に巻き 込む他社との共創(Co-Creation)を進めるための技法などの指導

【参考】

山梨県庁HP:https://www.pref.yamanashi.jp/fujisan-rw/fujisan_railway/team.html


【株式会社ICMGについて】

ICMGグループパーパス「世界中の意志ある仲間と未来を共創する」。

未来基点の知的資本型社会を実現するために、意志ある人材を突き動かし「Willpowerの森」を形成し、豊かで無限の可能性をブレークスルーする未来共創エディター・リーダーとなることを存在意義としています。

「人的資本からの価値創造」に拘る知的資本経営を推進し、「全ての価値は人から生み出される」を企業経営の根幹として事業を行っています。また、企業の価値創造や持続成長のためには、社会共通善の観点から何ができるのかという「社会価値の共創」の流れも重要視しています。弊社グループ自らが社会実装する会社として事業展開することで、その実践智を共創プロジェクトの推進や日本、及びアジアのスタートアップへの投資に活かし、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

ICMG HP:https://www.icmg.co.jp/

【ICMGグループについて】

ICMGグループは、創業以来20年以上に渡って、日本・シンガポール・インド・シリコンバレー等をベースに、日本大企業のトップマネジメントへのコンサルティングサービスを提供しています。また、日本大企業の役員へのリーダーシップ育成プログラムも実施しており、日本大企業のリーダークラスとの広範なネットワークを保有しています。直近では、東京電力・中部電力と共に、東南アジアの再生可能エネルギーへの投資や、国連UNDPとのSDGsイノベーションに関するパートナーシップ、ベンチャーキャピタルでのSequoiaやGoogle等のグローバルトップVCとの共同投資等、国内外のトッププレーヤーと連携し、プロジェクトを推進しております。


<本件に関するお問い合わせ先>

お問い合わせはこちらから

株式会社ICMG 広報担当
電話番号:03-6812-2548